業務に必要な重要書類の保管に使える

荷物

会社を経営していると、必要なものあったからと保管しているとスペースがどんどん足りなくなってしまうといった経験をしたことがあるかもしれません。確かに企業では業務に必要な重要な書類が多く、後から確認する時のためにも必ず保管しておかなくてはなりません。会社の経営が長く続けば続くほど重要書類の数は多くなっていきますから、保管場所を確保するのも大変です。トランクルームはそうした問題を解消することができるサービスです。重要書類を保存するのに適したコンテナや貸し倉庫などが用意されており、料金を支払うことで保管スペースとして自由に利用することができます。荷物の収納は、サービスを提供する会社が引き取りに訪れてくれるので便利です。預けた物品は封印した上で保管され、営業時間内であれば要望に応じていつでも出し入れすることができます。

大量の保存文書でも保管可能

コンテナ

このサービスを利用するメリットとして真っ先に挙げられるのは、保存文書の保管場所を確保できることです。保存文書は年々増加しているだけに、オフィス内ではどうしても足りなくなってしまいます。トランクルームを利用すれば、保存文書を預けることでオフィス内に新たなスペースを生み出し業務に役立てることができるでしょう。文書の一元管理にも役立ちます。部署や営業所が多い企業では、必要な文書がどこに保管されているのか分からなくなってしまうことがよくあります。あらかじめそれらをトランクルームにまとめて保管しておけば、必要な時にすぐにアクセスすることができ便利です。情報に関してはネットからチェックすることもできるので、利便性も高まります。

備品も預けてオフィス内をすっきりと

コンテナ

オフィスによっては、イベント用の備品のように普段はあまり使わないものもあるかもしれません。そうしたものをオフィス内に保管しておくと、デッドスペースとなってしまいとても無駄です。それらをトランクルームに保管しておけば、オフィス内のスペースの有効活用にもつながるでしょう。乱雑なオフィスは業務の効率を下げる原因となるだけに、こうした便利なサービスは活用する価値が大いにあります。海外や国内に転勤する社員のために、家財道具を保管する場所としても役立てることが可能です。転勤者が多い会社では、社員の家財道具を引き取るために保管先を手配するケースがよくあります。社員によって保管場所がバラバラだと管理するのも大変ですが、トランクルームひとつにまとめておけばワンストップでの効率化が可能になります。他にも、紙に印刷されている文章を電子データ化するサービスなどがあります。業務時間中に大量のスキャニングを行うとかなりの時間が取られることになりますが、トランクルームを提供している会社にお願いすれば効率よくデジタル化することが可能です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中